スパロボ30周年で新規参戦しそうな、絶対に出てほしくない作品6選

2021年4月20日スーパーロボット大戦シリーズが30周年を迎えた。

2021年4月23日、生スパロボチャンネルにて「鋼の超感謝祭2021」の開催が発表された。

2021年7月11日、恐らく鋼の超感謝祭2021にてスパロボ30周年記念作が発表されるであろう。

この30年で様々なロボットアニメやロボットアニメではないものが参戦してきた。

 

 

さて、僕はロボットアニメが好きだ。

スパロボというゲームが好きな9割9分はこれが理由である。

スパロボにまだ出たことがないロボットアニメのクロスオーバーや精神コマンド、銭湯アニメを考えたのは1度や2度ではない。

 

スパロボの新規参戦

 

スパロボ新作のビックイベントであり、新作スパロボの1つ目の山場と言っても過言でないだろう。

当然、30周年記念作でも豪華な新規参戦が期待される。

 

逆に、こいつだけは出てほしくないという作品もある。

その作品が嫌いだから、スパロボに合ってないから、理由は様々だ。

今回は格や名前だけは30周年に相応しく参戦候補ではあるが、絶対に出てほしくない作品を言っていく。

 

 

 

 

 

1.GODZILLA 怪獣惑星 / 決戦起動要塞都市 / 星を喰う者

 

シリーズ30周年記念作に相応しい作品とは何か。

真っ先に考え付くのは、同じく大きなシリーズから選ぶことだろう。

それもガンダムや勇者などとは違う、ロボットアニメではないシリーズから出すのが望ましい。

映画GODZILLA(以下アニゴジ)は見事その条件を満たす作品だ。

あのゴジラシリーズで格は十分。アニメのため特撮の壁は無い。主人公の乗る人型rボットもある。

出す条件だけは完全に満たしている。出す条件だけは。

 

しかしながら問題が1つだけある。

これがアニゴジだということだ。

仮にゴジラを完璧に出せるとして、出せるのはあのアニゴジなのである。

ゴジラ史上最低の駄作」という名を欲しいままにするあのアニゴジである。

ゴジラを合法的に出せるのは確かに嬉しいだろう。だとしても出せるのはアニゴジだ。

ゴジラではなくアニゴジなのだ。本当にそれが嬉しいのか?

ちなみに僕は全く嬉しくない。

スパロボでアニゴジの話なんかやりたくないしヴァルチャーってロボットしょぼいしから使いたくないしゴジラが動く的どころか動かない的だしスパロボに出て面白くなる要素が1つも見当たらない。

これが杞憂に終わることを願うばかりである。

 

 

 

 

 

2.ダーリン・イン・ザ・フランキス

https://www.nakaonisrw.com/wp-content/uploads/2020/12/darrin-farnkiss.jpg

出てほしくない理由がアニゴジと同じでこんなのの話をスパロボでやりたくない。

 

近年のクソロボットアニメってクソだから出る可能性すらないんだけど、こいつは人気があってしまうため残念ながら出る可能性があってしまう。

というか本当に売上良いのかこれ?その前にこれ見てた奴いたんだって感じだったんだけど。

だったら後半のグレンラガンの丸パクリはもっと言われてるべきだろ。

一番笑ったシーンなのに話せる人いなくて悲しいよ。

 

 

 

 

 

3.ナイツ&マジック

https://www.nakaonisrw.com/wp-content/uploads/2020/12/unnamed.png

新規参戦作品は基本的に優遇される。

ストーリーの中核となり他の作品がクロスしながらそれを支える形となる。

 

恐らくナイツマが参戦したら異世界系の作品の中心になるだろう。

まずなろう版ダンバインの時点でキモいが、他の作品がこんなのに巻き込まれてヨイショ要因になったら俺は耐えられない。

 

ごめん特に書くことなくなった。

ここに書く作品全てにおいてこんなのをスパロボでやりたくないってのが共通だからどんどん書くことがなくなる。

 

 

 

 

 

外伝.銀河英雄伝説 Die Neue These

 

https://www.nakaonisrw.com/wp-content/uploads/2020/12/main_v_p1-1536x1084.jpg

 

30年もシリーズを続けると出ていないロボットアニメも少なくなる。

そのため近年のスパロボでは間口を広げる目的でロボットアニメ以外の作品を新規参戦作品として出すことが多い。

特に近年は戦艦枠が毎回出ている。当然ただ戦艦が出るだけの作品ではダメで、それなりの格がないといけない。

銀河英雄伝説は次の戦艦枠の第一候補だろう。

 

さて、今まで散々叩いてきたがこの作品に関しては全く悪い印象はない。

この作品が出てほしくない理由は、絶対に忖度枠として大優遇されると思ってるからだ

 

スパロボVのヤマト、スパロボXのワタル、スパロボには優遇枠というものがある。

せっかく出た超大作の新規参戦なので、優遇してしまうのが人情というものだろう。

しかしこれはスパロボなのだ。

様々な作品が絡み合うクロスオーバーこそスーパーロボット大戦の醍醐味だ。

というか単純に銀英伝ってスパロボに合わなそう。

ただ、スパロボでの扱い(妄想)が嫌なだけなので、実際出ても面白ければ手のひら返す準備はできてます。

 

 

 

 

 

4.ULTRAMAN

https://www.nakaonisrw.com/wp-content/uploads/2020/12/ultraman-overseas-reactions-thumb.png

戦艦枠以外でも、最近の敷居は低い。

ゴジラが出るならウルトラマンもという感じでこいつが出る可能性は十分ある。こいつらウルトラマンでも何でもないけど。

しかも作者はスパロボとズブで知られる清水・下口だ。

いやロボットじゃねえじゃんという言い訳も通用しなくなった今、もはや出れない可能性を探す方が難しい。

どうにかネガキャンをして、参戦させたら損と言う認識をバンダイに作らせるしかないだろう。

 

 

 

 

 

5.蒼穹のファフナー EXODUS

ゴミ。劇場版機動戦艦ナデシコエウレカセブンAOと並ぶクソ続編の代名詞である。

ロボットアニメに限らず続編はゴミになる傾向が多い。

続編になるほど人気だからとりあえずやったはいいものの同じことをやるわけにはいかず自滅、そもそも綺麗に終わったものを掘り起こした時点で罪とか色々理由は考えられる。

共通しているのは、名作である1作目を超えることなどできないということ。

1作目が面白ければ面白いほど、続編は忌子として生まれ、死ぬことを祝福される。

機動戦艦ナデシコもそう。エウレカセブンもそう。

詳しい理由は知らないが終わった名作を掘り返し、そして死んだ。

そして蒼穹のファフナー

蒼穹のファフナーナデシコエウレカなどと格が違う。

ロボットアニメどころか日本アニメ史に残る大傑作である。

考えるまでもなく、続編など作っても本編の完全劣化版になることは誰の目にも明らかだ。

 

しかしファフナーは奇跡を起こした。

本編の正当続編「劇場版 蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」は完璧な蛇足としか形容しようのない、本編を見た人に向けたご褒美のような作品だった。

日本史上最高傑作蒼穹のファフナーを作ったスタッフにとっては、「完璧な蛇足」すら作り上げてしまうのだ。

 

しかし、奇跡は2度とは起こらない。

あるいは自分達ならできると驕りがあったかもしれない。

悪質なファン(通称島民)の声を聴きすぎたのかもしれない。

 

1話は正直泣いてしまった。僕が10年歳を取ったように、10年歳を取った彼らがそこにいた。

暉が一騎の店でバイトをして2人で話している。咲良が学校の先生になり、同じく先生になった剣司に呼び掛けている。カノンが新しい子供たちの教官になっている。変わったものの中で、一騎と総士と真矢の関係は変わらない。

僕の見たかったファフナーがそこにはあった。

 

だが、この後待ち受ける本当の地獄を僕らはまだ知らなかった

僕の好きなファフナーはそこには無かった。

意味などなくエモいから死ぬキャラ達、そんなキャラ達が死んで感動するようなファン(島民)、残されたものは祝福ではなく絶望だった。

ファフナーの死に無意味だったことなど1つもない。エモいら死ぬなど言語道断だ。

これがかつて伝説となった作品のなれの果てである。

 

何より問題なのはそもそもつまらないということだ。

ファフナーじゃなかったら、ということを何度も考えたことがある。

だがその度に思う。キャラを殺して感動させようとする話が面白いのか。

EXODUSは劣化ファフナーにすらなれない、作画が良いだけのゴミだ。

ファフナーである意味がなく、ファフナーで無かったとしても意味がない。それがEXODUSという作品の全てだ。

 

蒼穹のファフナーは売り上げもよく格も申し分ないため、スパロボ30周年記念に相応しいのは間違いないだろう。

あのスパクロですら触れられなかった格式の高さだ。

 

だがそれだけだ。EXODUSにあるのは初代で打ち立てたブランド力だけだ。

その部分を、スパロボには今一度考えてもらいたい。

好きな作品

なんか書いてって言われたから書きます。

面倒くさくて投げると思うから随時追加します。

 

好きなやつ

富野アニメ

勇者ライディーン

・サンボット3

・ダイターン

イデオン

機動戦士ガンダム

ダンバイン

・New Story of Aura Battler DUNBINE

ブレンパワード

∀ガンダム

リーンの翼

 

ガンダムシリーズ

・Z

・X

・SEED

・00

・AGE

 

仮面ライダーシリーズ

仮面ライダー

・アマゾン

・ストロンガー

仮面ライダー(新)

クウガ

・アギト

龍騎

・剣

・電王

・キバ

・オーズ

・ゴールト

・ビルド

 

スーパー戦隊シリーズ

ゴーグルファイブ

ダイナマン

チェンジマン

ライブマン

ファイブマン

ジェットマン

ギンガマン

タイムレンジャー

マジレンジャー

ボウケンジャー

ゲキレンジャー

ゴーオンジャー

ゴーカイジャー

・トッキュウジャー

・ルパパト

リュウソウジャー

 

ウルトラシリーズ

ウルトラQ

ウルトラマン

・ガイア

・ネクサス

・X

 

ゴジラシリーズ

ゴジラ

ゴジラvsデストロイア

ゴジラFINAL WARS

シンゴジラ

 

 

『怪獣は何故現れるのか』が嫌いな理由

最近、配信でウルトラマンマックス第29話『怪獣は何故現れるのか』見返したので感想を書きます。

 

タイトル通り僕はこの回が嫌いです。

最初に言っておくと、これから滅茶苦茶叩きますがご意見・ご感想を受け付ける気は一切ございません。あんなのを擁護する人間は人間とすら思っていないので聞くだけ時間の無駄だと思っています。

嫌なら書くなって意見もあるでしょう。マジでしょうもない回だと思ってるし俺も本当なら書きたくなんてないんだけど、質問箱とかリプで余りにも何でですか?って聞かれてそウザいので書きます。

 

 

①あの3人出してやるの、これ?w

色々言いたいことはあるけどこれが全て。ここだけ読んでくれたら後は読まなくていい。あの3人を出してやるのがこれですか?

ゲストの佐原健二さん、西城康彦さん、桜井浩子さんといえば知らない人は居ないと思うがウルトラQのメインキャストの3人である。ニュージェネウルトラ俳優みたいな呼べば来るような若くて暇な人達とは違って、当時もかなりご高齢だったので正直これが映像作品で3人揃う最後のチャンスっだったと思う。従ってこの回は実質ウルトラQのオマージュ回になる"はずだった"

だからこそ、ガチのレジェンドキャストを出して蓋を開けたら「過去作は劇中劇です」は正気を疑った。佐原健二さんのことは大好きだけど、佐原健二役で出る佐原健二さんを見たい人なんてこの世界で小中千昭しか居ないだろ。俺がウルトラQが好きとかメタネタが嫌いとか、そういう話を置いといたとしてもキャストにもファンにも不誠実と言わざるを得ない。職業がSF作家だったりレストランで働いていたりクソ適当なオマージュをしていることだけは伝わるが、それは淳ちゃんや一平君で見たかったし、彼らの設定のはずなのでそれも酒落臭く感じてしまう。僕はQが大好きなので当然嫌いだし、「Qは好きだしこの回も好きだけどな~」みたいな人間はQのこと好きじゃないので二度と自称するのはやめてください。

過去作のキャストが登場した回を叩くと「出てくれたからありがとうだろ理論」を持ち出す奴が昔からいる。俺はこの理論がクソより嫌いだ。リスペクトが一切感じられない回を叩くことがどうしてキャストを叩いていることになるのか全く理解できない。寧ろキャストを叩き棒にして批判勢を攻撃するゴミみたいな奴らより俺の方がキャストに寄り添っている意見だろう。

『怪獣は何故現れるのか』は大嫌いだが佐原さん達のことは大好きだし、寧ろ出てくれたのにこんな扱い・あんな話で申し訳ないとすら思う。「出てくれてありがとう」より先に「こんなのに出してごめんなさい」だろ。悪いことしたら謝れって親から教わらなかったのか?僕が全ウルトラQファンを代表して謝らせていただきます。

本当に申し訳ありませんでした。

 

 

②出てくる怪獣、これ?w

残念ながら酷いのはメタ要素だけではなく、怪獣もまあ酷い。

今回登場する怪獣の名は「牛鬼怪獣ゲロンガ」。

元々はパゴスを出す予定だったがパゴス→ネロンガ→ゲロンガという変遷を得て決まったらしい。で、まず言いたいのがゲロンガって誰。バラゴンボディだからパゴスをネロンガにしましたって部分から全く意味が分からないんだけど、更にそこからネロンガになったのは本当に謎。普通にネロンガで良いだろ。まあ理由はわからんでもない。ゲロンガって名前が似た没怪獣がいるから、そういうイキりを優先してしまったんだろう。

ただ残念ながら本質はそこではない。正直出てくるのがネロンガだろうがゲロンガだろうがどっちでも良い。何故ならどっちだろうが納得できないから。この話で一番恐ろしいのは、この回に本当はパゴスを出そうとしていたことだ。怪獣が選ばれたのが先か、脚本原案が出来上がったのが先か、それは分からない。だがもし今回のような話が先に出来上がっていて、そこにパゴスを出そうとしていたとすれば余りにも浅はかと言う他ない。

上述した通りこの世界でウルトラQは劇中劇だ。怪獣なんていなかったはずなのに実は本当にいたってネタをやりたかったんだろう。僕はガンジーなのでクソつまらないこの話への怒りを5億歩譲って一旦抑えるとするが、だとしても「ウルトラQは嘘でした、でもパゴスは本当にいました」なんて話は完全に破綻している。もしかしたらそういう配慮で没怪獣のゲロンガにしたのかもしれないが、そんな配慮が出来るならそもそもこんな回を作らないので違うだろう。

件のゲロンガの扱いも同情を禁じ得ない。

こいつは無様にも涙を流して倒されずにどこかに連れていかれる。怪獣の自覚ありますか?俺が怪獣なら街を一通りぶっ壊しまわった後にマクシウムカノンに喜んでこの身を差し出そう。破壊と破滅こそが怪獣の本懐だ。もしかしたらゲロンガ君もそれを望んでいたかもしれない。それが果たされなかったのは、偏に円谷に蔓延した「Qっぽさ」みたいなもののせいだろう。

最近ウルトラマンタイガでもパゴスで全く同じことがあった。パゴスはQには珍しい爆発して倒される怪獣なので、パゴスとパゴスを基にしたゲロンガが泣いて爆発しないのは解釈違いも甚だしい。これは考察なのだが、円谷は何者かに「Qの怪獣は爆発しない」「ウルトラマンと戦うと痛くて泣く」などと思い込む認識阻害の呪いがかけられ、残念ながら10年以上解けていなかったのだろう。もしこれが呪いの力でなければ円谷全員障害者ということになるので、俺は人の善性を信じる。死ね。

 

 

③メタ

上でチラッと行ったけど俺はそもそもメタが嫌いだ。だからこの回への怒りは200%なのだが、マハートマーの精神でメタが嫌いな自分の心を抑え、とりあえず100%の怒りで話そうと思う。

まず何が気に入らないって佐原さん達とパゴスオマージュ怪獣を出してQっぽくないといけない話をメタにしたという事実。円谷は、Qの怪獣は爆発しないしQならメタをしてもいいと思ってるらしい。円谷に呪いをかけた人間がいるのであれば僕に人を呪い殺す方法を教えてほしい。死ね

メタが嫌いな俺にも好きなメタはある。『仮面ライダー龍騎』は逆説をもって仮面ライダーの正義を証明した。『コンクリート・レボルティオ ~超人幻想~』は空想を嗤う者に巍然として対抗した。メタは作者の思想を垂れ流す非常にくだらない行為だが、垂れ流す思想が面白ければ俺は許す。

それで肝心な今回の話のメタの内容だが「人々が望んだから怪獣が生まれた」というもの。なんとここまで人類の平和が脅かされていたのは人類自身のせいだった。第1話からナレーションで「空想の産物であった怪獣が世界各地で確認されるようになった」とちゃんと言っているので、エモすぎる伏線回収だ。アレ比喩表現じゃなかったの草。ダンバインのパクリ。

結局ここまでマックスで描かれてきた人類の文明批判って思想をもっと強めたようなものなので臭過ぎる。というか終末論()が流行った時ならともかく2006年にこの思想で恥ずかしくないのかな。前作のウルトラマンネクサスでは人が絶望だけでなく希望を抱いていたし、10年前のウルトラマンティガ第49話『ウルトラの星』でもみんなに望まれたからウルトラマンが生まれたというこの手のメタの答えを出している。

マックスもせめて人々が望んだのは怪獣だけでなかったみたいな感じだったら良かった。俺は怪獣を望んだ者なので代表して言わせてもらうが、俺が夢想するのは街を破壊し森を燃やして回る怪獣だけでなくそれを対処するヒーローの存在だ。そしてこれは決して怪獣をヒーローの噛ませにするということではない。無論逆でもない。人類文明を超越して大暴れする怪獣、叡智を結集して立ち向かう人類、そしてついに討伐される怪獣。どちらが欠けても成り立たない。怪獣の死をもって完成するこの図式こそが"怪獣を望む者"の夢だ。怪獣だけを望むなんてあり得ない。

怪獣が泣くし爆発もしない、何より万城目淳というヒーローを欠いたこの回は、怪獣を望んだ人々というクソつまらんネタすら満足に描けなかった最低の回だ。

 

 

 

最後に、ここまで見てくれた人がいるか分からないが伝えたいことがある。

 

最近「白黒だったQに虹がかかり七色になった」みたいなやつを見た。

f:id:marusan1046:20210124031950j:image

 

まるでウルトラQに"色がない"ような書き方だが、これは完全に誤りだ。

 

何故なら、空想の心を忘れなければウルトラQはいつだって色鮮やかなのだから。

「ウルトラマン」最終回に思うこと

最近、初代ウルトラマンの最終回を見る機会があったので思ったことを書きます。

 

ウルトラマン最終回といえばもはや語る必要もないほど有名です。

 

無敵のウルトラマンゼットンに敗れ、

そのゼットンを人間の手で倒し、

人間の手で平和を掴み取る。

 

もちろん最終回で急に負けたとか、ずっと無敵だったわけではありません。

 

「小さな英雄」では、今までウルトラマンだけで勝ってきたわけではなく何度も助けられ、科特隊が倒した怪獣も沢山いると言及されます。

 

「宇宙船救助命令」ではスペシウム光線も八つ裂き光輪も効かない怪獣キーラが現れる。

 

最終回でウルトラマンが敗れ、科特隊が勝利する伏線は十分に貼られていたと言えます。

 

さて、初代で既に

「平和とは与えられるものでなく、人間の手で掴み取らなければならない」

と結論を出したウルトラマンですが、久しぶりに最終回を見た感想は少し違うものでした。

 

まず思ったのは、ゼットンを倒すのにペンシル爆弾というポッと出の兵器で勝つのはどうなの?ということです。

 

そもそもウルトラマンは、少なくとも最終回では、理詰めの展開でした。

隊員達がいくら応援しても、ウルトラマンを圧倒するゼットンに為すすべなくやられてしまいます。

みんなに応援されたから限界を超える力を出す奇跡なんてものはありません。

 

ただこれは悪いことではなく、奇跡に頼らず人の実力でウルトラマンをを倒す、ということに繋がる必要な描写です。

 

そして理詰めで言えば、マルス133を始めとする今までの兵器では間違いなく倒せなかったため、「ゼットンを倒せる新兵器」の登場はなんら間違っていません。

 

間違ってはいませんが、僕が最近ヒーロー観を強く持っていることもあり、前に見た時より物足りなかったのは事実です。

 

それとは逆に、前に見た時よりグッとくるシーンもありました。

ゾフィーとの会話シーンです。

 

ゾフィーは「もう充分人のために戦った。一緒に帰ろう」と呼びかけますが、ウルトラマンは「ハヤタを死なせたくないし、地球が好きになった」と拒みます。

 

先ほども言った通り、ウルトラマンの技が通用しない怪獣はゼットンより前から現れていて、そんな怪獣すら人は自力で倒せるようになりました。

 

もはやウルトラマンが守る必要はなく、言い方は悪いですが役立たずになってしまうかもしれません。それでも残りたかったのは完全にウルトラマンのワガママです。

 

弱い者を助けたいという善意ではなく、

「地球が好きだから」残りたい。

彼は神ではなく、好きだからいたいんだと思っていた1人の宇宙人なのです。

 

思えば「バラージの青い石」に、ウルトラマンをノアの神と崇拝する集団が出てきました。

この人達とムラマツ隊長との会話はどこかズレていて、逆説的にウルトラマンを神と捉える危うさ、みたいなものが描かれていたのかなあと思ったりします。

 

それを考えれば、ウルトラマンはやはり神ではなく、ただ地球と人が好きなだけの宇宙人なのです。

 

そんなウルトラマンがとても身近に感じられ、前よりもこの回が好きになりました。

 

そして、地球はウルトラマンに愛されていたのだという事実が、僕はとても嬉しかった。

オナ禁生活始めます

書くネタに困ったので、オナ禁生活を始めてここを報告の場としたいと思います。

 

 

そもそもオナニーには沢山の危険がつきまといます。

 

まず、オナニーに慣れてしまうと通常の性行為でイケなくなる膣内射精障害にかかります。

 

障害になる主な要因は

  1. 強く握るため一般的な膣の締まりでは刺激が足りなくなる。
  2. 視覚的な刺激がAVやエロ漫画と違うためSEXで興奮しなくなる。
  3. オナニーをしていた体位でしかイケなくなる。

 

また、射精により発射されるのは精子だけではありません。

 

精子は人の種であり、即ち大量の栄養素を含んでいるのは必然です。

 

精子に含まれる栄養は当然精子の親たる我々の栄養であり、オナニーをすればするほど無駄に栄養を消費しているということです。

 

栄養な減るとハゲるだけでなく、健康も害し、最終的には死に至ります。

 

 

 

オナニーとは自らの命を削り、精子に命を与えようとする自己犠牲の行為です。

 

精子に命を吹き込めない射精は、精子の、そして貴方の無駄死にです。

 

精子と生死が同じ読みなのは、きっとこのことを指していたのでしょう。

 

本日は先程オナニーをしてしまったので、この内容を心に刻み、明日から実践していきたいと思います。

 

心の一句

f:id:marusan1046:20190103222949j:image

 

          光  並  こ  全  君

          輝  ぶ  の  て  の

          く  桜  場  愛  こ

               木  所  ほ  と

                    は  し

 

          ひ  な  こ  す  き
          か  ら  の  べ  み

          り  ぶ  ば  て  の

          か  さ  し  い  こ
          が  く  ょ  と  と
          や  ら  は  ほ
          く  ぎ       し